HOME > 文献・学会情報 > NKCP 論文

文献・学会情報

文献・学会情報

NKCPの論文

※さらに詳しい情報を知りたい専門家の方は、直接お問い合わせください。



2015年

血流障害が引き起こす女性生活習慣病患者の諸症状に対するBacillus subtilis var. natto 製品の効果 Masahito Hitosugi,Katsuo Hamada,Kazutaka Misaka International Journal of General Medicine 2015:8 41–46

2014年

 生活習慣病患者の血圧に対するナットウ菌生成物の効果 Masahito Hitosugi, Katsuo Hamada, Kazutaka Misaka and Kenichi Ichihashi Journal of Hypertension Open Access 2014, Vol.3, Issue 1

2013年

精製ナットウ菌培養物(NKCP)の機能性 猪狩直樹、二宮健太郎、朱霞 FOOD Style 21 2013年11月号 Vol.17 No.11 P64~66

2008年

NKCP®長期摂取による自覚症状の変化について 一杉正仁、朱 霞、加藤久宜、徳留省悟 FOOD FUNCTION 第4巻 第2号 1-4 P29~32

2007年

Hitosugi M., Ikeda M., Zhu X., Kato H., Omura K., Nagai T. and Tokudome S.: Anticoagnlant and Fibrinolytic effects of functional food materials produced by Bacillus subtilis natto, Journal of Japanese Society of Biorheolory, Vol.21,No.1,35-40(2007)

2006年

一杉正仁、朱霞、加藤久宜、徳留省悟:ワーファリンと納豆菌由来健康食品の相互作用について、Food Style 21、Vol.10,No.9,88-90(2006)

2006年

朱霞、橋本正勝、関口礼司、山本美保、荒木惠美子、大村和伸、加藤久宜:ELISA法による納豆菌産生タンパク質バチロペプチダーゼFの測定、健康・栄養食品研究、Vol.9,No.3/4(2006)

2005年

Omura K., Hitosugi M., Zhu X., Ikeda M., Tokudome S.et al.: A Newly Derived Protein From Bacillus subtilis natto With Both Antithrombotic and Fibrinolytic Effects, Journal of Pharmacological Sciences,99, 247-251(2005)

2004年

Omura K., Hitosugi M., Kaketani K., Zhu X., S.Tokudome.et al.: Fibrinolytic and anti-thrombotic effect of NKCP, the protein layer from Bacillus subtilis (natto), BioFactors, Vol.22, No.1-4, 185-187(2004)

2004年

政田正弘:ナットウ抽出物の血栓溶解活性の定量法について、Food Style 21、Vol.8,No.1,92-95(2004)

2004年

大村和伸、掛谷和俊、一杉正仁ら:ナットウ菌由来タンパク質のヒト血液凝固線溶系におよぼす影響について、日本バイオレオロジー学会誌(B&R)、18巻,1号,44-51(2004)

2003年

Yamashita T., Oda E., Giddings J.C. and Yamamoto J.: The effect of dietary BNPP (Bacillus Natto Productive Protein) on in vivo endogenous thrombolysis., Pathophysiology of Haemostasis and Thrombosis, 33-138, 143(2003)

2002年

林哲也、高橋千栄子、菊池佑二:ナットウ菌培養ろ液乾燥物「NKCP」の血液流動性改善作用、日本ヘモレオロジー学会誌、Vol.5,No.1,43-45(2002)

2001年

Hitosugi M., Niwa M. and Takatsu A.: Changes in Blood Viscosity by Heparin and Argatroban., Thrombosis Research, 104,371-374(2001)

2000年

Hitosugi M., Niwa M. and Takatsu A.: Rheologic Changes in Venous Blood During Prolonged Sitting., Thrombosis Research, 100,409-412(2000)

1978年

工藤龍彦、内堀陽二、渥美和彦、沼尾嘉時、三浦勇、設楽正登、橋本明政: 抗凝固療法中の納豆によるワーファリン拮抗作用、医学のあゆみ、104巻,36-38(1978)