経口投与におけるNKCPのインビボ実験的血栓溶解モデルにおける作用

経口投与におけるNKCPのインビボ実験的血栓溶解モデルにおける作用

Pathophysiol Haemost Tromb 2003;33:138-143

食餌に0.2%及び1%NKCPを添加して14週間摂取させた後の血栓溶解作用を、ラット腸間膜微小血管にレーザー光を照射して人工血栓を作成する実験的動脈血栓モデルで検討しました。人工血栓作成時から経時的に血栓の大きさを測定して血栓溶解作用の評価を行いました。
NKCP経口投与群は、非投与群と比較し、明らかに内在性の血栓溶解活性を用量依存的に促進しました。その作用は組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)0.2mg/kgに相当しました。
試験に用いたラットの体重及び摂餌量から、0.2%及び1%のNKCPを含む餌の摂取は、それぞれ約160mg/kg/日及び800mg/kg/日の用量に相当するものと推定されました。

経口投与におけるNKCPのインビボ実験的血栓溶解モデルにおける作用
プリンタ